ひとつのコレクションが生まれる制作過程では、 実に膨大な時間がかかっています。 新作を発表するたびに、新鮮な驚きを与えてくれるステラ。 ステラの辞書には「マンネリ」という言葉はありません。 次々と新しいシルエットや素材、加工を編み出し続け、 圧倒的な存在感を持つにいたりました。 ステラのドレスを見て驚くことのひとつは、使われているパーツの種類の多さ。 パールやビーズ、スワロフスキーのクリスタル、それから花びらなど実に多くのパーツが使われています。 それらのパーツの組み合わせ方ひとつひとつ指示して、立体的な装飾モチーフやお花を作ります。 さらにそれらをたくさん組み合わせて構成していくという、複雑な過程を経てドレスが仕上がっていくのです。 パーツの指示書だけでも、 細かいこととか苦手な人なら気が遠くなってしまうほど。 細部のパーツひとつにも決して妥協しない細やかさこそが ステラのドレスの真髄といえるでしょう。